■30代の肌に合う化粧水の選び方

20代後半ごろからお肌内部で起こり始めたお肌の劣化は30を過ぎたころから急に肌表面に現れてきます。

急に毛穴が目立ち始めた
今までの化粧水じゃ物足りない
肌内部のカサカサを感じる
たるみが気になってきた

そんな方も多いのではないでしょうか?

30代は年齢が原因での乾燥⇒たるみへ肌年齢が加速する時期です。

30代のお肌には、以下のような化粧水を選びましょう。

1.真皮まで届く浸透力が高い保湿成分を配合
2.肌内の超保湿成分「セラミド」にアプローチする成分を配合
3.肌に刺激を与える成分が入っていない

本サイトでは、上の条件を満足する30代向け人気化粧水をランキング形式でご紹介しています。

■化粧水人気ランキング|30代の肌に合う基礎化粧品

米肌
※ライスパワーNo.11配合
※刺激成分無添加

米肌は、大手化粧品メーカー、コーセーが開発・販売している基礎化粧品。30代の普通肌の方はもちろん、毛穴が目立ってきた方、若干乾燥気味の肌質の方に人気です。

保湿成分としてライスパワーNo.11を配合。ライスパワーエキスは、セラミド再生能力があると唯一認められた成分で、超保湿成分のセラミドを肌内に増やし自ら潤う肌を手に入れることができます。

アヤナス
※ナノセラミド配合
※敏感肌専門ブランド

アヤナスは、オルビスとPOLAが共同で立ち上げた敏感肌専門ブランド、ディセンシアが開発した基礎化粧品。一般的な刺激成分が無添加なのはもちろんの事、独自テストを実施し、アトピー肌でも使えるレベルまで低刺激にこだわっています。

保湿成分は、浸透力が高いナノセラミド。敏感肌とエイジングケアを同時にできる基礎化粧品です。

メディプラスゲル
※オールインワン基礎化粧品
※コスパが良い

メディプラスゲルは、自らが敏感肌に悩んでいた女性社長が開発したオールインワンゲル。
62種類もの保湿成分を配合していますが、コストは1か月2000円以下を実現。

時間がない方に人気の基礎化粧品です。

■化粧水人気ランキング|30代の肌向け基礎化粧品について

30代になると急に毛穴が目立ち始めて、それまで意識していなかった乾燥肌対策、年齢肌対策のスキンケアを気にする方が多くなります。20代で使っていた化粧水では保湿力が足らなくなりますので、30代の肌に合った基礎化粧品に積極的に変えてみる事をオススメします。30代に人気の化粧水は、上のランキングでもご紹介していますが、保湿力があり、若干のエイジングケアができるものがオススメです。最終的に選ぶのはやはり自分の肌に合うものにしてください。上のランキング内でご紹介している1位と2位の基礎化粧品はトライアルセットがありますし、3位の化粧水に関しては、返金保証があります。アットコスメなどの大手口コミサイトでも、これら3化粧水はかなり評判が良いものですので、ご自分のライフスタイルや、肌質に合わせてまずはお試ししてみてくださいね。本ランキングは定期的に順位が変わってきます。夏や冬などの季節でも変わりますし、新商品の発売に伴い、変わる事もありますが、人気化粧水の中から、口コミで評判が良いものを選び、基本的には一度管理人がお試しをして、間違いないものを人気ランキングに乗せています。30代のあなたの基礎化粧品選びの参考になれば幸いです。

■いつまでも若い肌を保つために

化粧水は肌への刺激のもとになるケースがよく見られるので、肌トラブルなどにより肌のコンディションが良くない時は、絶対に付けない方が逆に肌のためなのです。肌が弱っていて敏感になって悩まされている方は、保湿性の高い美容液もしくはクリームだけを塗布した方がいいでしょう。毎日入念にお手入れをしているようなら、肌はきちんと応じてくれるのです。少しでも効果が感じられたら、スキンケアをするのも苦と思わないことと思います。

アトピー性皮膚炎の治療法の研究と向き合っている、かなりの臨床医がセラミドに興味を寄せているように、大切な働きをするセラミドは、特に肌が繊細なアトピー患者さんでも、ちゃんと使えるということが明らかになっています。数ある保湿成分の中で、圧倒的に高い保湿力を示すものがセラミドになります。いかに乾いたところに居ても、お肌のうるおいを逃がさないサンドイッチ状に挟む性質をもつ構造で、水分を貯めこんでいるためです。この頃は、色んな所でコラーゲンを多く含んだなどといった言葉を聞きますよね。美容液や化粧品は無論、サプリ、それに自販機でも売っているジュースなど、身近なところにある製品にも添加されているくらいです。

 

顔を洗った直後は、お肌に留まっている水分が一瞬にして蒸発するせいで、お肌が一際乾きやすい時でもあります。速やかにきちんとした保湿対策を施すことが大切です。肌に内包されているセラミドがたっぷりで、肌をプロテクトする角質層が良質であれば、砂漠並みに乾燥の度合いの強い地域でも、肌は水分を確保できると聞きました。美容に高い効果を発揮するプラセンタには、お肌の反発力やしっとり感を守る役目を担う「コラーゲン」とか「ヒアルロン酸」が含有されています。お肌が持つ保水能力が強化され、潤いと張りが発現します。スキンケアにはなくてはならない基礎化粧品に関しましては、さしずめ全てのアイテムがセットになっているトライアルセットで、1週間も使ってみたら、肌にどんな風に働きかけるかもある程度ジャッジできると考えていいでしょう。

お風呂から上がった後は、水分が特に失われやすいのだそうです。お風呂の後20~30分程度で、入浴する前よりも肌の水分が不足した過乾燥状態になると言われます。お風呂の後は、15分以内にたっぷりと潤いを補充しましょう。ハイドロキノンが美白する能力はすごく強力ですが、刺激反応が見られるケースも多く、乾燥肌あるいは敏感肌を持つ人には、ほとんどおすすめはできないのです。肌にも優しいビタミンC誘導体が配合されているものが良いのではないでしょうか?ヒアルロン酸の体内での生産量は、40代も終わり頃になると下降するということが明らかになっています。ヒアルロン酸量が減少すると、肌の若々しさと潤いがなくなり、カサつき、ニキビ、湿疹、かゆみ、乾燥肌などの契機にもなるのです。

刺激から肌を守る役割を果たす角質層に保たれている水分については、約3%を皮脂膜、およそ17~18%程度を天然保湿因子、で残りの約80%は、セラミドと称される角質細胞間脂質の働きにより維持されているというのが実態です。効き目のある成分をお肌に運ぶための任務を担っていますから、「しわをできにくくしたい」「乾燥しないようにしたい」など、現実的な目標があるとするなら、美容液を用いるのが断然効果的だと思われます。
紫外線を浴びたことによる酸化ストレスの発生により、みずみずしい潤いがある肌を守る作用をするコラーゲン並びにヒアルロン酸が少なくなってしまうと、加齢に従っての変化に伴うように、肌の老け込みが進行します。